×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ backpack art  - by FLOT
■ christmas tale #3  - by mya-a.





「とっりさーーーんっ!」
くまっこが、ドアを開けて、飛び込んできました。
「・・・んが」居睡りしてた、とりさんは、「なんだ、騒々しい・・・」と目をこすりました。
「あのねあのね、すてきなお花が、手に入るって!!」
くまっこは、手にした新聞をぶんぶんと振り回しました。
「はな?」
「なんかね、新しい種がでたんだって!!」
くまっこは、目をキラキラさせてます。とりさんは、「ふああ」とあくびをしました。
「そんなもん、さると、いってこんか・・・ああ」
とりさんは、目をショボショボさせて、「そっかそっか」とつぶやいて、「どっこらしょ」と腰をあげて、「Vas Rel Por」と呪文を唱えて、ゲートを開きました。


「ほら、いくぞ」とりさんは、ゲートをくぐっていってしまいました・・・くまっこは、慌てて後を追いかけました。ゲートの外は沼地が広がっていました。
「種といったら、アレだな」と、とりさんは大きな木の根っこのようなモンスターを指しましたが・・・他にもたくさんのモンスターがいて、くまっこたちをにらんでいます!
くまっこは、「と、とりさん・・・どうしよう、うわーん」と逃げて身を守るのに精一杯です。
「ん。倒すから、倒したのから、探しなさい」と、とりさんは、モンスターをひたすら倒し始めました。くまっこは、逃げながらも、なんとか探しました・・・「あった!青いのもあるし!!わーい」と種をいくつか手に入れたのでした。

「んじゃ、そろそろええか」とりさんは、またゲートを開きました。
くぐると、今度は街です。
「植木鉢を買わないとな」とりさんは、道具屋にくまっこをつれていきました。
「これに種をうえるの?」と、くまっこは、しげしげと植木鉢を眺めてます。
「くまっこ・・・もしかして、育てたことないのか?」
「なーい!前におねーさんが育てたの、見たことあるけど・・・確か、お水とお薬、あげてた」「・・・そぉか。とりあえず土をいれて、うえるとこまで、やっとこか」
「はーい!」
水を入れるピッチャーも買ってから、またゲートで移動です。
「向こうに花畑が・・・」とりさんの説明を聞かずに、「わー」といいながら、くまっこは、走っていきました。





柵に囲まれた花畑にはカカシさんがいて、きれいな花が咲いています。
「そこが銀行で、厩舎で・・・便利なところだろう」
「きれーい」
くまっこの目にはお花しか、はいってません。
「ねぇねぇ、こんなきれいなお花、咲くかなぁ」
「・・・ん。くまっこが、ちゃんと世話してやればな」
「がんばるよ!!カカシさんも応援してね!」
「じゃ、そこのあいてるところから、土をもらいなさい」
「はーい」
それから植木鉢に土をいれて、お水をいれて土をやわらかくしてから、種をうえたのでした。
「薬はあるか?」
「うん。おねーさんがくれた荷物の中にあったから、大丈夫。じゃ、とりさんの家に帰ろ!!」
「やれやれ。疲れたな。帰るとするか」とりさんは、ゲートを開きました。
くまっこは、とりさんの家に着くと、植木鉢を並べ始めました。
「・・・くまっこ。なんでウチに植木鉢を置くんだい?」
「ウチは、さるっこと、おねーさんの荷物でいっぱいなんだもん。ねぇ、青い種は青い花が咲くのかな?いいこと、あるといいなー・・・」


それから数日後。
「とりさぁぁぁぁぁぁっん」
くまっこが、ドアを開けて、飛び込んできました。
「・・・ふああああ」うとうとしてた、とりさんは、仕方なさそうに目を開けました。
「どした?」
「植木鉢に土しか残ってないよ!まだお花が咲いていないのに、いなくなったよ!!」
とりさんは、くまっこと一緒に、植木鉢を見に行きました。
「こりゃー、枯れたんだな。ちゃんと世話したのか?」
「したよ!お水あげて、お薬・・・よくわかんなかったけど・・・いっぱいあげたし!」
「ババアには聞いたのか?」
「・・・ううん。忙しいだろうし」
くまっこは、うつむきました。
「でもでも、まだ元気なのもあるし、大丈夫!!がんばるよ!!」
くまっこは、はりきりました。


でもさらに、数日後。
「とりさぁぁぁぁぁぁん」
くまっこが、ドアを開けて、飛び込んできました。
「・・・ふああああ」うとうとしてた、とりさんは、仕方なさそうに目を開けました。
「どした?」
「お花がお花が、お花じゃなくて、大きな葉っぱになったよ!!新聞と全然違うし!!」
とりさんは、くまっこと一緒に、植木鉢を見に行きました。
「とりさんとりさん、がんばったら、これにお花が咲くのかなぁ?」
「いや。こりゃ、こーいう種類なんだろ」
「えええ!?これじゃ、使えないよ・・・・・」
くまっこは涙目です。
「くまっこは、なんでまた、花がほしいんだい?」


「・・・ん。もうすぐ、クリスマスだし・・・」
「もう、そんな時期か・・・月日がたつのは早いなぁ」
とりさんは遠い目になりました。
「・・・でね、クリスマス前に咲く、ホリデイツリーって、1月には枯れちゃうから・・・自分でホリデイツリーをつくれば、ずっとずっと枯れないよね。お花があればつくれるかなぁって」
「そぉか・・・確かルーンが・・・」とりさんは、ごそごそと探して、ゲートを開きました。
くぐった先は、たくさんの店員さんがいる、お店でした。
「ここで好きなだけ、買いなさい」
とりさんは、くまっこにお金を渡しました。
「わーい、ありがとぉ!わわ、たくさん売ってる!!どれにしよう・・・これとこれと・・・」
くまっこは、たくさんのお花をかかえて、とてもとても幸せでした。


それから数日後。
「メリークリスマスっ!!」と叫びながら、くまっこが、ドアを開けて、飛び込んできました。
「・・・んが!」居睡りしてた、とりさんは、飛び起きました。
「今日だったか?!」
「今日です!!」
「すっかり忘れてたなぁ・・・」とりさんは、頭をポリポリとかきました。
「ウチにおいでよ!ケーキも焼けるし!」
「そかそか。じゃ、お邪魔するかな」
「わーい!!」
くまっこと、とりさんは、二人でくまっこの家に行きました。
「お?ツリーがいっぱいだなぁ〜・・・」
「うん!とりさんが、お花を買ってくれたおかげです!麻の花がね、いいかんじで・・・」
「麻?麻の花!!本当だ、この青い花・・・なつかしいなぁ・・・」
「なつかしい?」
「・・・パプアの宿屋の中庭に植えられててなぁ・・・ミナクスの砦が、昔、あってな・・・いろいろあったなぁ・・・」
とりさんはすっかり、遠い目になっています。
「あ。ケーキ焼けるよ!ささ、中に入って、席に座って!!」
「・・・あぁ、そうだな・・・・・」
とりさんは、くまっこにひっぱられるように、家の中に入りました。
テーブルにはフルーツや豚の丸焼きが、すでに並んでいました。
「おお、ご馳走だなー。あいつらも帰ってくるのか?」
「おねーさんと、さるっこ?」
「おう。二人ぶんにしては多いだろ?」
「・・・連絡ないし・・・向こうにもクリスマス、あるだろうし・・・」
くまっこは、春ごろのことを思い出しました。

退屈とぼやいていた、さるっこと、おねーさんが、新しい世界を見つけたといって、はしゃぎはじめて・・・知らない名前ばかりを口にするようになって・・・新しい世界で暮らすから、とたくさんの荷物を、くまっこにくれた日のこと・・・・・・。

「くまっこ、ケーキ、焦げるんじゃないか?」
くまっこは、はっとしました。
「ああ、大変!ぼんやりしちゃった・・・ケーキ、大丈夫だよ、よかった。あと、そうそう、やさぐれサンタさんがくるよ」


「やさぐれ!?パンダじゃないのか?」
「サンタなんだってー」
「また酒飲むんじゃ・・・」
そのとき、ドアが開いて、やさぐれパンダが入ってきました。
「メリー・やさぐれ〜!聞こえたわよぉ。お祝いには、お酒がつきものよー!今夜は特別に9周年ワインに、倭国名産、血桜よ!!さー、ぱーっといくわよー!」
「わーい!」
「おいおい、飲みすぎるなよ?!」
そしてクリスマスは、にぎやかに過ぎたのでした。

それから数日後。
とりさんは、新聞や本を調べていました。
「よし!」とつぶやいてから、Kal Ort Porと呪文を唱えました。
くまっこの家につくと、「くまっこ!」と声をかけました。
「なぁに?」と、くまっこは返事をしました。
家の中はクリスマスの飾りのままでした。
「・・・クリスマスのままだなぁ」
「うん。さるっこ、夢中になると、忘れちゃうから・・・だからホリディツリー、つくったの。これならいつでもお祝いできるもん」
「いつでも祝うものなのか?!」
「だって、毎年クリスマスって、悩んだり泣いたりしてて、ちゃんとクリスマスのお祝いしてなかったし!今年はがんばるの!!」
「・・・そぉなのか・・・」
「うん!で、どうしたの?」
「ああ、麻の花の種を、手に入れる方法がわかったんだ」
「ツリーは足りてるよ?」
「いや、ウチに飾るんだ。昔、パプアの宿屋で、もし麻の花が手に入ったら、家が青くなるぐらい飾りたいと・・・憧れてたことを、思い出してなぁ・・・」
「とりさんち、青くするの!?」
「うむ。くまっこ、手伝ってくれないか?」
「もっちろーん!」
「よし!・・・では、Vas Rel Por」と呪文を唱えて、ゲートを開いたのでした。

そして、たくさんの種を手に入れて、とりさんの家に植えたのでした。
疲れた二人は、「おなか、へったー!」と、くまっこの家に戻りました。
すると、家の中に誰かいます。


中に入ると、さるっこと、おねーさんがくつろいでいました。
「わー、くまっこ、元気にしてた?」
「なんだかなつかしいのぉ」
くまっこととりさんは、びっくりです!
「さるっこ!?」
「ばばぁ!?」
「ばばぁじゃないわー・・・・あり、火の玉はどうやるんだったかの・・・久々だと、どーも調子がでないわい」
「歩いてるだけで、ころびそうだしね!」
「歳のせいかのぉ。くまっこ、ケーキの仕込みはしてるかい?久々に、わしも焼いてみたいの」
「あ、いいな!久々に、どっか遊びに行きたい!」
「それもええのぉ〜。くまっこと、どこに行ってきたんじゃ?」
「新しい花の種を集めにな」とりさんが答えました。
「新しいの?!どんな花?」さるっこは、目をキラキラさせてます。
「んと、そこのツリーの青いのが・・・」くまっこが、指しました。
「わー。いいな!」
「ほほー。これが・・・」と、さるっことおねーさんは、ツリーを眺めてます。
「・・・とりあえず、向こうはどうした?」とりさんが聞きました。
「向こうにもいるけど、なんだか帰りたくなったから、帰ってきたの!!」
「久々に帰ってくると、あたりまえだったことが、なんだか新鮮だのぉ・・・くまっこ?」
「うん!おねーさん、ケーキ焼いて!!クリスマスやろーよ!」
「ほほほ。そうじゃの。これまた、ちっこい、オーブンだの」
「わーい、アップルパイも!クッキーも!!」さるっこも大喜びです。
「あと、ばばぁ、ウチで花を育てるんでな、くまっこに、世話を教えてやってくれないか?」
「自分でやらんかい!」
「おねーさん、あのねあのね、このあいだね、失敗しちゃって・・・」

そしてにぎやかに、クリスマスのお祝いができたのでした。



■あとがき。。。 mya-a.

ラストのホリデイツリーのバックパックアートが、ホントに綺麗です!
実は、クリスマスに、さるっこと、おねーさんが帰ってくる話もあったりします。
でも、とりさんが元気に麻の花を探しに行く、こっちのラストのほうが気に入ってます。元気になるのはよいことです!
あと、パプアの宿屋の麻の花は実在します。
宿屋の建物自体も素敵ですし、機会があったら探してみてください!