×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ house files  =tree=

彼女はずっと想っていた恋人と結婚し、とても幸せだった。
でも、彼女の幸せは長くは続かなかった。

彼女の旦那は傭兵だった。
そのころ戦はあちらこちらで起き、腕のいい傭兵だった旦那はそのたびに戦に呼ばれ、出かけていった。
彼女はそんな旦那を誇りに思い、戦へ向かう旦那の姿が大好きだった。

だけど、彼女はつらくてたまらなかった。
戦に出た旦那の帰りを待つ間、彼女は不安でたまらなかった。
旦那の生死、怪我・・・そして、旦那の浮気を。
彼女は自分の中の醜い気持ちを嫌悪したが、どうしても消すことができなかった。

そんなときに彼女は、昔、聞いた神話を思い出した。
汚れのない一人の少女に、ある男性神が恋をした。男性神に追われた少女は父である神に祈った。
「どうか私を汚れのないままにしてください」
神は願いを聞き届け、少女を樹に変えた。
男性神は泣き悲しんだが、少女は戻らなかった。

彼女は、もう自分は汚れてしまったけど、ただ純粋に旦那のことを想っていたい・・・純粋に、疑うことを知らずに。ただ、待っていられるように樹になりたいと願うようになった。


そして願いは叶えられた。


ある戦を終え、旦那が家に帰ると、深緑の髪をした彼女がいた。
彼女は人であったころと変わらずに旦那を愛し、尽くした。
しかし、旦那は彼女に怯えた。

旦那は次の戦に出たあと、彼女の元へ戻ることはなかった。

月日が流れるとともに、彼女は樹に近づいていき、動けなくなっていった。
そして百年が過ぎたとき、彼女は樹になり、人に戻ることはなかった。




■ comment

Studio Milano(閉鎖)マガジン第106号に掲載され、Expertをいただきました。

内装は、この話の最後の時点という設定で、彼女は木になってしまい、家は荒れはじめたけど、まだ生活していたころの名残は残っている・・・というかんじです。


この「tree」という話は、自分で去年の夏に書きました。
UOにハマる前はテキスト系サイトを作ってました(閉鎖済)。
たまには更新しないとなぁ、と見ていたら発見して、自分のUOライフを振り返るとかなりイタイ話だったりするのですが、この家でこの話をテーマに内装やったらおもろいだろーなーと思いまして、作っちゃいました。

あと、この家の内装はこれが最後の作品となりました。
Studio Milanoアドバイス修正バージョンとか作らなくてごめんなさい>_<
今後の内装ライフのアドバイスということで・・・(大汗)


『自分が表現するものが人に対して何であるのか』(by Studio Milano)

・・・深いです・・・*クラクラ*